大野真澄 連載

第44回“万博のコト”

2005.5

 今回は前回に引き続き「FORK AID」の続編をと思っていましたが、友人の常富喜雄さんが、彼のホームページ「アンブレラ・ミュージック」(http://www.e-sedai.com/)の“常やんライブるぽ”で、コンサートの内容などが詳細に書かれていますので、そちらを見てもらえれば、前回の続きだけでなく、当日の楽屋風景、コンサートの内容など改めてごらんいただけると思いますので是非そちらにアクセスしてください。ちなみに文中にあるビートルズをハモリ出す人というのは、僕とアルフィーの坂崎幸之助のことであります。

 さて、今年は3月25日から、我が愛知県で、愛・地球博と名うった万博が開かれている。

 このリバーシブルの故郷「岡崎」からは会場も、ごく近いということで、こらから行く人も多いだろうし、もうすでに行かれた方もいることと思います。万博といえば1970年、僕が20才の頃、日本初のハイジャック事件(よど号ハイジャック事件)が起きた直前の3月14日に開幕した「大阪万博(人類の進歩と調和)」と、丁度20年前の3月17日に開幕した「つくば科学万博」が思い出されます。そういえばその間の1990年に「花博」というものもありましたね。

 で、大阪万博には2度だか3度だか“会場”に行きましたが定かではない。実は友人が、どこかのパビリオン(当時は聞いたことのない言葉で意味もわからずパピリオンだとかバビリオンだとか、適当に使っていたように記憶している)で、働いていて、その友人の友人がオーストラリア人で、彼らの宿舎に僕も泊まり込ませてもらっていた関係で、入場ゲートから料金を払って入った記憶がないし、「月の石」を見た記憶もない。ただ、お祭り広場の巨大さとその真ん中にそびえ立つ、岡本太郎の「太陽の塔」の不思議な形に疑問を持ちながらも、その意味を聞くことも、考えることも、そして理解することもないままに毎回会場をあとにしていた。現在、当時は見られなかった塔の内部が公開されていて、地球の歴史や未来を暗示するような岡本太郎作のオブジェが多数展示されているとのことで、機会があったらぜひ、観に行きたいものであります。

 それにしても、どのパビリオンにも長蛇の列が出来ているし、どこに行っても人はいるしで気分が滅入ってしまって結局、それらに入った覚えがなく、よって当然のことながら「月の石」など見ている訳がないのである。せっかく何度も足を運んだのに、今考えれば勿体ない話でもあります。しかし終了時に発表された入場者数は6700万人だったということだから、結局入場した人達み~んなが、かつて見たことのない程大量の人間が1ヵ所に集まっていた現実を見に行ったということだったのかも知れません。とはいうものの人の沢山いる場所というのは気持ちがワクワクして浮ついた気分になってしまうのはなぜなんだろう?などと思いつつ反面滅入っていた僕がいたのも事実であります。全く不可解な人間がいるもんです。(僕のことですが…。)

 そして時は流れて1985年。科学万博。

 どういう訳か大阪万博に関しては、まぁ、ある程度は、なつかしい感じはするのだが、科学万博に関してはすでに20年の歳月が経っているというのに1985年なんて、ついこの間のことだよって感じてしまうのは、多分同世代の人になら解ってもらえるかと思いますが、年齢とともに起こってくる現象であります。

 実は大阪万博には何の目的もなく行ったのですが、科学万博には、大きな目的がありました。

 「マイルス・デイヴィス」のコンサートです。多分このコンサートがなければ、科学万博には行かなかったかも知れない。大のマイルス・ファンである友人の安田さんに誘われてマイルス初体験をしに行った訳です。ジャズ界の巨星で、勿論その存在はロック・ポップスファンの僕でも、十分知っていたし、又、晩年になってからも音楽界における、その存在感は他を寄せつけない程の超重量級のアーティストとして君臨していた。

 そんな、ある意味ではビートルズでさえも足元にも及ばない「マイルス」を生で見られるというのだから、こんな機会は、そうそうあるものではありません。しかも肉体的にはそろそろ限界が近くてもう二度と観ることが出来ないかも知れないという話を聞いての「マイルス」のステージを体験しに行った訳であります。ということで、マイルス・デイヴィスのライブレポートのような感じになっていますが、何だか今だに経験したこのないような、会場の張りつめた空気が、僕の中の緊張感をさらにあおっていた。ビートルズを観に行った時でさえ感じなかった、この気分をどう表現したら良いのやら…。

 しかしもう、ページがないので「万博のこと」は続く!!

2007-11-20 17:42:59投稿者 : 大野真澄
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。