大野真澄 連載

第39回“槍が岳登山のコト”その3

2004.12

 登山直後の8月初めから書きはじめた、この登山話しも、気が付けばすでに11月も下旬、正月へのざわめきが聞こえてきそうな季節になってしまいました。いつまでも、この話しを続けるのもどうなのかな、と思いつつも途中で止める訳にもいかないしなどと色々な想いが交錯する今日この頃でありますが、前回からの続きです。

 わさび小屋に到着後、電燈の点いてないうす暗い廊下を通って、部屋に入ると何とその8畳程の部屋には寸分の隙間もなく10人分の布団が、すでに敷きつめられていた。ガイドブックとか話しには聞いていたが、いわゆるザコ寝状態の部屋で、現実にそれを見て、ちと戸惑ったが、一応同室の人に挨拶をと思い、僕の対面で横になっていた、いかにも山男風の人物に「どうも」と頭をさげたが、全くの無反応だったので、あれ? と思いつつも、これも初めてのことなので、登山なれした人というのはこうゆうものなのかという概念が(そう大げさなものでもないが…)。ほんの少し頭をもたげた。しかも、夕方5時だというのに、すでにしっかり眠り込んでいる人までいる。増々、訳の分らない世界が展開していた。

 で、5時からの夕食も、当日の人数が多いので、遅く着いた(5時ちょっと前で、すでに遅いらしい)僕らは7時からの夕食ということになった。そうかと思えば、僕らより後に到着した6人くらいの少し年配のグループが、明日の出発が早いから(全員が早いのである)と強引に、早めの時間にしてくれと、従業員にせっついている。そして不思議なことに、彼らの申し出は通ってしまい何十人も待っている人達を押しのけて、彼らは平然と食事をし始めた。これも理解に苦しむ行動パターンで(ガイドブックにあった”登山者はお互いの気持ちを尊重し助け合って”…etc)読んでいた内容とずい分違う現実に又々戸惑ってしまった。まぁ、僕達としては急ぐ旅でもないしということで、そんな出来事を横目で見つつ、とりあえず初日の無事に乾杯をしたのでありました。

 午後7時すぎからの夕食を終えたのが8時頃で、部屋に戻ったらすでに明りも消されていたので、持参した頭に付ける懐中電灯で照らしながら簡単に明日の準備と寝支度をして、さてと思ったら回りの全員も、常富さんも吉田さんもすでに横になっている。まだ8時半である。普段夜型の僕としても、別にやることも無いし、ウォークマンも無いし本もない。何も無いから、もうほとんど仕方なく眠りにつく以外の選択肢はないということでした。

とはいうもののなかなか寝つけるものでもありませんが、昼間の疲れもあってか、何とはないしに気がつけば空が白んでいたという程にぐっすりと眠れましたが、起きた時にはすでにほとんどの布団が畳まれていて、部屋の外ではうるさいという程ではないがザワザワとした雰囲気が伝わって来た。まだ朝の4時前であります。一応、僕らの予定では4時半に起床と、なっていたし、まぁ、少々早いが5時から朝食、6時には出発ということだったので、この際起きてしまおうと思い切って布団から出たときには、常富さん吉田さんの二人は、すでに”朝の用事”を済ませた後でした。

 さて、2日目は、わさび小屋から予定通り午前6時に、今日の宿泊地、双六小屋到着を午後2時半に設定して出発した。まずは、小池新道を通り鏡平をめざし歩き始めた。そして地獄への序章は歩き始めて30分もしないうちにやって来た。そこは、川原にあるような大小の石がゴロゴロと転がる坂道で、まさに”終りのない地下鉄の階段”を上るようなものでした。その上めちゃめちゃ足場の安定しない場所を、20kgの荷物を背負ってとめどなく続く坂道を登り続けなければならないという現実がそこにあった訳であります。しかし、これが本当の地獄ではない事に、気付いてない「奴」が又々、そこにいたのです。

(以下次号)

2007-11-20 17:40:09投稿者 : 大野真澄
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。