大野真澄 連載

第34回“ふと「団塊の世代」のコト”

2004.7

 “団塊の世代”とか呼ばれて、その数にまかせて我がもの顔で時代をのし歩いて来たはずだった世代が、いつの間にか最近では“沈黙の世代”と呼ばれるようになったらしい。僕の周りには熱弁をふるいながら、世の中を仕切り、きりもりし、時代を文化を引っぱってきた人間が結構いるので、誰がどういう人達が「今」沈黙をしているのか? この“団塊の世代”全体が沈黙をしているのか? 意味がよく分からなかったのであるが・・・。

 “団塊の世代”という言葉は今から28年前に堺屋太一さんが名付けたもので、この世代の未来を予告する小説を書いた時のモノだ。とのこと。正確には1947年~49年の3年間に生まれた人達のことを指して言うが、1949年昭和24年(僕の生まれた年でもあるが)生まれの人口が一番多いらしい。とにかく日本の戦後の成長とともに年令を重ねてきた世代でもある。戦後史の中に刻まれてきた印象的な出来事や変化をまともに経験した唯一の世代ともいえる。それ程に、世の中に風を巻き起こしてきた世代が今、なぜに沈黙の世代と呼ばれるようになってしまったのか?

 例えば1959年生まれの某大学助教授によると、団塊の世代の人達というのは「能天気な精神主義で戦略的行動の重要性を知らない」つまり、口先だけで行動が伴わない人種である、ということらしい。さらに1968年生まれのある人は、団結すれば何かが出来ると思っている世代である。と。世の中、けしからん、けしからんと言いながら、後は自分の趣味を追求している。説教くさいくせに、自分は成熟を拒否している。とか、とか。

 どうやらイメージとしては、70年代元気の良かった連中が、体制という社会のワク組の中に入ったら、いつの間にか、その中にしっかり組み込まれてしまって、モノは言うが実行力がないもんだからすっかりその姿が見えなくなってしまったということらしい。

 別に抵抗するつもりはないが、別の世代から見ればそんな風に見られていたのか、という思いだけでは済まされない気もするが、ちと淋しい気もする。例えば、最近では結婚式などに呼ばれても友人が結婚するのではなくて、友人の息子とか娘だったりするのが当たり前になってしまった。とは、言っても仲間うちでは、そろそろ定年も間近になってきたのだが、その前に会社をやめて、新たに会社を立ち上げたり、今こそ自分のやりたい事をやろうと意欲に燃えている人もいる。まったくもって頼もしい限りで勇気づけられる今日この頃である。

 僕も沈黙などしている暇などはないのです。今こそ、大いなる創作活動に入るべき時期が来たという訳です。多くの画家や芸術家がそうであったように、アーティストにとっては、まさにやっと、熟成出来る年令になったということであります。

 “団塊の世代”大いに頑張るのコト、というコトであります。

2007-11-20 17:37:12投稿者 : 大野真澄
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。